名古屋帯の種類について

名古屋帯は、小紋や紬、色無地、お召などに合わせるセミフォーマルからカジュアルな装いにお使いいただく帯となります

 

袋帯に比べてずっと短くなり一重太鼓にしてしめる帯となり、軽くて普段使いに最適です

 

名古屋帯の長さはお仕立て上がりますと3メートル50センチ前後となります

 

袋帯の長さは4メートル20センチ前後となりますので70センチ程の差があります

 

名古屋帯の長さはこのようになりますが、名古屋帯の中には様々な種類の帯があります

 

9寸名古屋帯・八寸名古屋帯・かがり帯・京袋帯があります

 

簡単にご説明をしますと9寸名古屋帯は帯心を入れてお仕立てをする帯のことです

 

八寸名古屋帯はもともとしっかりとした生地のものが多く帯心を入れずお仕立てをする帯のことです

 

 9寸名古屋帯についてはこちらをクリック

 

八寸名古屋帯についてはこちらをクリック

 

京袋帯についてはこちらをクリック

 

sin2067_1

 

9寸名古屋帯について

9寸名古屋帯は仕立てる前の帯幅が9寸(34センチ)です

そのために9寸名古屋帯といわれています

9寸名古屋帯には織りと染めの両方があります

染めの帯は紬や小紋に

gg0345_1 (1)

 

染め帯

kmn1228_1

織りの帯

織りの帯はつけ下げや色無地にお使いいただけます

 

 

八寸名古屋帯

八寸名古屋帯は基本的には帯心を入れずにお仕立てをします

 

帯心を入れない理由は地がしっかりとしているために帯心を入れずにお仕立てができるためです

 

基本的に八寸名古屋帯には織りの帯しか存在しません

 

代表的なものに綴帯・紬・博多帯があります

 

基本的に八寸帯はカジュアル度が高いものですが

 

綴れ帯に関しては例外となり

 

金糸の使われた綴れ帯は

 

訪問着や色無地にあわせていただき略式の礼装としてお使いいください

 

綴れ以外は

 

小紋や紬にお使いいただくのが一般的です

 

hh0441_1

紬地の八寸名古屋帯

 

 

oum-0140_1

博多帯

gg1896_1

 

gg1896_3

綴れ帯