帯のお手入れについて

  • HOME
  • 帯のお手入れについて

2帯のお手入れについて



 

着用後の帯のお手入れについて

着物を脱いだらすぐにたんすにしまわずに、しわを伸ばし一日陰干しします

  帯の左右を引っ張っりますと、帯全体がぴんと伸びてしわが目立たなくなります。

  帯も汗などで意外に湿気をもっています

  たたむ前に、一日程度、陰干しをしていただくと、帯が痛みにくく、長く着用していただけます。

   

季節のお手入れについて



  春と秋の晴れた日に一度箪笥から出して風通しのよい場所で陰干をしてください。 日光にあたりますと色やけなどを起こしやすくなりますので必ず陰干しをしてください

  正絹でできた帯は湿気を吸収しやすく、帯心が入った帯などは特に注意が必要です

  桐箪笥は、湿気を吸収・発散するため、一年中、帯をよい状態に保つことができます。

sin1585_2

  ↑

帯オゾン京洗い