名古屋帯のマナーについて

  • HOME
  • 名古屋帯のマナーについて

名古屋帯のマナーについて

 

結婚式の装いには?



  結婚式には名古屋帯ではなく袋帯をしめられるとよいかと思います

「慶びごとは二度ありますように」という意味もあり、二重太鼓のできる袋帯をお選びください

着物のTPOは招いてくださった主催者側の方への礼儀を重んじる意味があります

その方々のお席の意図をくみ取り失礼のない装いをするためにも

お喜びの席には礼装の装いをされていくことをお勧めします

結婚式ではないパーティーなどには金糸の入った名古屋帯に訪問着という装いでも問題はないかと思います

ただ気をつけなければいけないのが、そのパーティーの格を読み取りドレスコードがきちんとある場合は袋帯をされたほうが間違いがありません

resize